FC2ブログ
ガノトトス、ハメ(新人パパの物欲日記)
FC2カウンター
プロフィール

パパダンナ(ちちおやポケモン)

Author:パパダンナ(ちちおやポケモン)
2006年10月に結婚したはいいものの、趣味が多すぎて新妻から白い目で見られる事もしばしば・・・。そんな旦那のオススメ映画とホビーの数々。

最新記事
おすすめ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 2009/05/23//Sat.
    鉄男とアメコミ事情

    見たい見たいと思いながら、なかなかディスカスのレンタルが回ってこなかった『アイアンマン』をようやく鑑賞。
    えー、結論から言いますと、

    レンタル版見終わった次の日にDVD買いました。(笑)
    (まぁウチの店に中古があったからだけど)

    そのくらいに面白い!!
    確かに「壮大なパート1」ではありましたが。(w

    Amazonより
    自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に拉致され兵器の開発を共用されてしまう。
    だが、天才発明家でもある彼は、敵の目を盗み、戦闘用パワードスーツを作り出し、脱出に成功。
    その後、自社兵器がテロ組織に悪用されていたことを知り愕然としたトニーは、最先端の技術を駆使し圧倒的な破壊力を持つ新たなパワードスーツを開発。
    テロを撲滅するため“アイアンマン”となり、命をかけて戦うことを決意する!


    「敵の目を盗み、戦闘用パワードスーツを作り出し」じゃねぇよ。(w
    あんなスクラップ置き場で監視カメラで監視されながら、超小型リアクターとか作るな。
    そして初期型からマーク2、そして最終型の赤金のマーク3まで、進化が速すぎます。(笑)
    めっちゃ普通にマッハとかで空飛んでるし。wwww

    まぁ、主人公のスタークは金だけじゃなくて天才的頭脳と技術力を併せ持ったブルース・ウェイン(バットマンの中の人)ですな。(w
    その代わりに体力的にはブルースに劣るでしょうけど、どうせアイアンマン着るんだから無問題。(笑)
    怪力はあるわ、ビームは出るわ、ミサイルは撃つわ、マッハで飛ぶわと大活躍です。
    意外と脆いバットマンとは大違い。
    ただ、基本的体力がないので、スーツを着てない時を狙われたら弱いようです。

    バットマンやスポーンと違い、原作を読んだ事はなかったんですが、これってヴィラン(敵キャラクター)は、今回のアイアンモンガーみたいに、同系統のメカメカしい敵なんでしょうかねぇ?
    次回作のヴィランにはミッキー・ロークが決定しているそうですが、キャラクター的には旧ソ連製のアーマーに身を包んで戦うヴィラン『クリムゾンダイナモ』か、特殊なムチの使い手『ウィップラッシュ(バックラッシュ?)』かと言われてるらしいです。
    いやいや鞭て。wwwwww
    そんなんでどうやってアイアンマンと戦う気だよ。(w

    それと、最後のエンディングクレジットの後にサミュエル・L・ジャクソンが、「君だけがヒーローではない。私はS.H.I.E.L.D.のニック・フューリー。“アベンジャーズ”について話そう」とサプライズ登場してましたが、これ原作知らない人には絶対分かんねぇよ!wwww
    ちなみに、アベンジャーズというのはアメコミ独特のクロスオーバー作品で、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、アイアンマンの3人が中心となって作られたヒーローチーム。
    中にはハルクやX-メンのビーストとかも参加してます。
    ドラゴンボールの孫悟空とワンピースのルフィとナルトがチームを組んだようなものだと思って頂ければ良いと思います。(w
    日本だと「んな無茶な!」と驚くかもしれませんが、コミックの舞台に現代が多いアメリカではアイアンマンやスパイダーマン、X-メンを擁するマーベル社はマーベル社で、スーパーマンやバットマンを擁するDCコミックはDCコミックで、と全ての作品をリンクさせるのは良くある事なのです。
    これはアメコミが日本のコミックのように一人の作家が書き続けるワケではない、という独特のスタイルのせいかもしれません。(本来、日本の方が独特らしいですが)
    近年のアメコミは、PCによるフルカラーは当たり前で、作画においても、下絵を描く『ペンシラー』、ペンを入れる『インカー』、彩色を行う『カラーリスト』、文字を書き込む『レタラー』という風に、分業体制が取られるのが普通のようです。
    これは話し始めると長いので、ここみたいな解説してあるサイトを見て頂くのが早いかと。

    このアベンジャーズというのも再来年映画化されますし、その中心となるキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーも同じく映画化、という事で、ハリウッドのアメコミ映画人気はまだまだ続きそうです。

    スポンサーサイト

    映画 | trackback(0) | comment(0) |

  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • comment









    ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

    trackback

    trackback_url

    copyright (C) ガノトトス、ハメ(新人パパの物欲日記) all rights reserved.
    [ template by 白黒素材 ]

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。